ごあいさつ 中山洋行のお店 珈琲エッセイ 当店記事紹介
  オフィスコーヒーサービス お試しセット スタッフ日誌 会社概要


  珈琲エッセイ

  中山洋行のコーヒーをおいしく淹れる
 

家庭で美味しいコーヒーが淹れられる、ペーパードリップによる抽出法をご紹介します。
簡便で衛生的、かつ味作りが自在にコントロールできる抽出法です。
中山洋行のコーヒーを例に、種類の選定・抽出湯温他、おいしい淹れ方を提案します。

「ペーパードリップの淹れ方」を示します。
 こちらをクリックしてご覧ください。

(1)コーヒーの選定
  どんなコーヒーを飲みたいか? 種類、焙煎度(深煎〜浅煎)を選択。
  苦味系ならば、唐人屋敷の珈琲、深味、ぎやまん …
  酸味系ならば、キリマンジャロ、クラシック・モカ、お滝さんの珈琲 …
  苦味・酸味共にしっかりならば、カピタン珈琲、東ティモール、
  アンチグア・レタナ …
  マイルド系ならば 亀山社中、洋行ブレンド、 ブルマンブレンド …

(2)ドリッパーの選択
  サンヨー101 1〜2人用(1つ穴)
  サンヨー102 2〜4人用(2つ穴)
  カリタ102 3〜4人用(3つ穴)
  カリタ103 5〜7人用(3つ穴)
  メリタ アロマ1X2 3〜4人用(1つ穴) 等々

(3)コーヒーの粉の量と挽き方
  1杯当り 10gが標準。
  1杯たて 12〜15g、2杯たて 20〜22g、4杯たて 37〜40g。

  通常は中挽き。 
  濃く淹れたい場合は細挽きに、あっさり淹れたい場合は粗挽きに。

(4)お湯の温度
  コーヒーの種類と途に、もっとも味に影響する項目です。
  80〜95℃の範囲で選択。
  高温では苦味が強調されますが、高すぎると、エグ味が出、角がたったコーヒーと
  なります。
  低温では酸味が強調されますが、低すぎると、うま味が抽出されません。
  沸騰したお湯をポットに移し換えれば95℃程度になります。
  苦味を強調したい場合は 93℃程度
  マイルド系のコーヒーの場合 90℃前後
  苦味系のコーヒーを甘味を出すように淹れたい場合は 82〜87℃の低温で

  「推奨投入湯温」を示します。
   こちらをクリックしてご覧ください。

(5)蒸らし
  コーヒーは多孔質であり、お湯で膨らませ、抽出しやすくします。
  炭酸ガスが出てきて、お椀状に膨らんできます。
  その後、次第にツヤが無くなります。
  20〜40秒

(5)抽出時間
  しっかり抽出したい場合はゆっくり、あっさり抽出したい場合は速くお湯を落す。
  2〜3分が標準
  ドリップの最初の1/3で旨み成分の大半は抽出されるといわれています。
  したがって、そのあとの抽出は濃度調整。
  湯が落ちきらない内に、ドリッパーを外す。


   
  珈琲エッセイのトップページへ戻る


  Copyright (C) NAKAYAMA YOKO CO.,LTD.